プロフィール


丸田和明(まるたかずきと読みます。)のプロフィール

 

はじめまして!丸田和明(マルタ)と申します。
この度は僕の運営サイトに訪問して頂き、誠にありがとうございます!

 

僕は今現在独立して、セールスレターの作成、時にコンサルティングなど福岡にて活動しています。

 

 

・・・まぁ、

普通のコピーライターではないですがね(え?

 

楽しいよ!コピーライター

 

然ですみませんが、
僕は超インドア派で超人見知りです。
(一番上の写真はアウトドアぶってますw)

 

なので、
基本一人で家に引きこもっているので、
一人でオシャレなカフェに・・・

なんてそんなリア充のマネなんてビビってできません。

 

飲み会では、イケイケドンドンな人たちを
部屋の隅から「あ~羨ましい~・・・」

と微笑んでいるタイプです。

 

実は過去にインドに旅行に行ったことがあるのですが、

人混みとインド人の独特の威圧感溢れる目線が怖くて
結局ホテルに閉じこもっていました(笑)

 

 

・・・\(^o^)/オワタ

 

そんなクソヘタレな僕ですが、
なんだかんだ大学時代は所属サークル長をやっておりました。

 

人前ではあのカリスマのスティーブジョブスのようにキラキラと情熱的なプレゼン・・・

 

 

できれば良かったのですが、

実際は本質的に人前で話すのがダメダメで失敗や恥ずかしい思い出ばかりです。

 

理想

Steve-Jobs-holding-original-iPhone

 

現実

スクリーンショット 2016-07-21 13.28.01

コミュ症が炸裂していた時期ですね笑(当時大学3年生)

 

 

しかし、そんな中でも唯一面白いと感じたものは「チラシやパンフレットを作ること」ことでした。

 

「どんな言葉を使えば人が集まるんだろうか?」

「どういう表現を使えば人の興味を惹き、楽しんでもらえるのか?」

とひたすら考えまくるのが何より楽しかったです。

 

サークル長なのに部員への指示出しは特になく、サークルの魅力をどうやって伝えるか?にひたすら注力しておりましたw

えぇ!サボり長でしたとも!!(笑)

 

新入生をサークルへ入ってもらうためのチラシをひと味工夫したり、文章をめっちゃ悩んで書いたり、

1年に1度の文化祭でのサークルの出し物の案内文などを作成したりしておりました。

 

その結果、新入生の入部率が当時の歴代No.1を記録し、文化祭では集客率、満足率ともにNo.1となり金賞を頂けた経験もあります。

 

これが僕のコピーライター人生のきっかけとなったなぁと感じております。

 

コピーライターは基本的に働く場所にとらわれないし、
どういう文章が人を喜ばせるのかをめいいっぱい考えるのは非常に楽しいですよ!

 

 

コピーライティングとはストーリー

 

これまで様々な方や企業のセールスレターを書いてきて感じたことは、コピーライティングなしに成約はないということです。

ブログのPV数や派手なデザインだけでは商品の成約にはつながりません。

 

全ては「言葉」なのです。

コピーライティングとは、あなたが伝えたい一番の思いを明確に伝える技術であり、言葉の順番、すなわちストーリーを構築することに他ならないのです。

 

例えば、

あなたが特定の異性に興味を持ち、そして告白するとしていきなりあなたのありったけの思いを伝えますか?

おそらくそんなことはしないはずです。

何度か食事して、デートして、そして空気感を読みながら思いを伝えると思うのです。

 

いきなり全ての思いを伝えてしまうと相手もビックリですからね(笑)

 

思いを伝えるステップを踏むからあなたの好意が相手に伝わり、相手からのYESが引き出せるのです。

 

それと同じで、あなたの魅力やサービスを伝えるためにも繰り出す言葉とその順番があるのです。

それこそがコピーライティングでありストーリーなのです。

 

読み手をいかにストーリーの主人公にしていくのか?

ここにやり甲斐を感じております^^

 

巷にはびこるコピーライティングにまつわる3つの誤解

 

false-98375_1280

 

ころがどっこい!

そんなWeb画面の向こう側のお客さんの心を無視したコピーライティングの誤解が巷で蔓延しているのもまた事実です・・・。

 

コピーライティングのまつわる誤解1:コピーライティングを学べば人の心理を操れる

 

例えば、
「コピーライティングは文章で商品を売る技術だ」

「コピーライティングはコミュニケーションを図るものだ」

「コピーライティングを学べば恋愛でもうまくいく」

「コピーライティングを学べば人の心理を操ることができる」

など

 

こういったマインドでコピーライティングに取り組むと、
もれなく胡散臭いセールスレターが出来上がり人に「売り込まれた」という不快感を与えてしまいます。

 

そんなのイヤですよね?

 

しかし、実際はこうです。

コピーライティングを学ぶから人を誘導できるのではなく、
人の気持ちを理解して、その心理から逆算して初めてコピーライターとして書くべき文章が生まれるのです。

 

誰に商品を売るのか?
その人がどんな悩みを抱えているのか?
売る商品がその人の悩みをどういう風に解決するのか?

こういったマーケティングの思考があって初めて
書く文章や言葉は生まれるのです。

 

つまり、
ターゲット選定とマーケティングやそのプロセスが的確になって
始めて感謝されるセールスコピーが出来上がるわけです。

裏を返せば、相手のニーズも考えずに、ひたすらテクニックを学んで
強烈なワードを多様して不安を煽ったセールスをしても購入者に不満をもたらすだけです。

 

売り込まなくても自然に売れるセールスコピーと
売り込み色の強い不自然なセールスコピーの違いは

人を深く理解しているか、
テクニックに偏っているのか

この違いにあります。

 

コピーライティングにまつわる誤解2:「対面でモノを売りたくないからWebで」という思考

 

コピーライティングのテクニックだけで商品を売ろうとする
売れないコピーライターにありがちなのが、

「リアルで営業したくないからネットで販売する」という意識。

 

はっきり言いますと、

「セールスコピーライターこそ一番リアルのセールスに近い立場」

です。

 

実際にセールスレターの作成代行を依頼する際は、
必ずリアルの営業が必要になります。

自分の技術力やスキルを相手にセールスする必要があるわけですよね。

 

また、売れるセールスコピーを書くためには、
いかに人の気持ちや心理を把握しているかに依存します。

そして、人の気持ちを理解するためには
現場、すなわちリアルの世界でいかに人と関わっているかが鍵を握るわけです。

 

なので、
「リアルでのセールスが苦手だ!」
と言っている人こそ売れないコピーライターの道を
まっしぐらに進んでいるわけです。

 

そういったコピーライティングに関わる誤解を
僕は払拭していきたいと思っています。

 

コピーライティングにまつわる誤解3:コピーライティングだけを学べば稼げる

これは僕自身も経験がある話なのですが、
ライティングで反応が取れないと「もっと知識をつけなきゃ!」と教材を買い漁ってしまいます。

下手するとそれだけで数十万、数百万もの大金をドブに捨てる可能性すらありますからね。

 

しかし、それは大きな間違いで、
スキルがあるからプロのセールスコピーライティングとして稼いでいけるわけではありません。

「個性」をどういう戦略で打ち出すかが大事なのです。

 

なのでもしあなたが今現在教材を買い漁ってスキルを必死に磨こうとしているのであれば今すぐ買うのを止めて下さい。

 

個性を映し出すオウンドメディア
×
意思をより明確に伝えるコピーライティング

macbook-606763_1280

僕がオススメする起業の形は

 

「個性を反映させるブログやサイトなどのあなたのメディア」
「意思をより明確に伝えるコピーライティング」をかけ合わせたビジネスです。

 

なぜなら、
情報も商品も溢れているこの時代に、
モノが売れる理由はたった1つ。

 

「信頼」です。

これは対面でもネット上でも同じです。

 

「あなただから買う」

この要素が今の時代に必要です。

 

ではどうすれば「信頼」を得ることができるのか?

 

それはあなたの「個性」なのです。

 

あ、この人面白いな♪

あ、この人の考え方好きだな♪

あ、この人自分の価値観に似ている♪

と思われることが「信頼」に繋がります。

 

この「あなた」という名の個性を
あなたのブログやサイトで表現し、

そしてあなたの価値観をより伝えるためのコピーライティングを駆使する事が一番なのです。

 

これが一番「あなたらしさ」と「個性」を武器にできて、
なおかつ感謝されながらWebセールスできる方法なのです。

 

例えるならば、
あなたの運営するサイトやメディアがあなたの活躍する舞台となり、

あなたは歌ったり踊ったりして、
自分のスキルや個性を十分に発揮する。

 

そしてコピーライティングが
あなたにスポットライトを当てて、
効果的な光の演出をしてあなたをより美しく見せる。

 

オウンドメディアとコピーライティングの組み合わせが
一番Web上でもライブ感を演出できる方法なのです。

live-concert-388160_1280

 

あなたの個性を最大限に発信して、
好きを仕事に変える専門家

人はみなアーティストであり
どんな人でも個性や自分自身という芸術作品がある

 

これは僕が強く感じていることであり、信念でもあります。

 

僕はこれまで色々な方の相談に乗って、
その人のヒアリングをしてきましたが、

聞いていくとやりたいことが独創的だったり、面白かったり、
その人らしさや個性が泉のようにあふれています。

しかし、

現在やっていることがやりたいこととかけ離れているため
そのギャップにかなり苦しんでいる人も少なくありません。

 

あるいは、
「自分に才能なんてないし、個性もやりたいこともない」
と思い込んでいる人にさえ、

実はやりたいことや、やってみると楽しい!なんてこともあったりします。

 

みんなそれぞれ個性があるにも関わらず、
それをどうやって発揮したら良いかわからない人がほとんどです。

 

正直、勿体ない!!

 

そんな経験もあり、

コピーライティングとオウンドメディア構築の二刀流を引っさげて、

「あなたの個性を最大限に発信し、好きを仕事に変える専門家」

として誰かの人生の裏舞台で活躍させていただいております。

 

このサイトではコピーライティングやメディア構築について、
また日々の活動や日常などを配信していきます。

 

コピーライティングの基礎が学べるメルマガ講座もやっています。
興味がございましたらぜひともご参加ください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

このご縁があなたと僕にとって素晴らしいものでありますように。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします