【自分にはコピーライターのセンスなし!?】そう思ってる奴ちょっとコッチ来い


どうも、マルタです。

 

ビジネスにおいてコピーライティングは必須のスキルです。

しかし、いざコピーライターやライティングを学ぼうとすると

「国語苦手・・・。」

「僕理系出身なんで・・・。」

「文章書くの大の苦手・・・。」

 

そして辿り着く結果は

「自分にはコピーライターのセンスなし・・・!?」

みたいな超モッタイない思考をお持ちのあなたのために
「コピーライターとしてのセンスを磨く方法」を提供します。

 

「センス」というのはあるものじゃなく磨いて形創っていくもの

peace-50056_640

「お前ってセンスないよね」

この一言で1人間の精神をズッタズタにできるほど
「センス」という言葉の持つパワーは強大です。

 

スポーツのセンスないよね・・・。

勉強のセンスないよね・・・。

デザインのセンスないよね・・・。

とりあえず全体的にセンスないよね・・・。

 

みたいな感じでこれまで志半ばで折れた人たちは数知れず。

もしかしたら
「コピーライターとしてのセンスないよ」
と言われる人もいるのかもしれません。

 

ただ大事なことがありまして、
「センス」というものは元々誰も持っていないものだということ。
そして「センス」というものは努力で身につくものだということ。

人間知識がない頃、例えば幼少期などは
あらゆる選択肢や可能性が存在します。

例えるならば四角の氷みたいな感じで。

 

しかし時を経てスキルや経験を重ねるにつれて
初期の形をどんどん理想の形へと削っていっているわけです。
man-438064_640

こんな風に削って削って削りまくって・・・。

christmas-15819_640

こんな風に!
自分の理想に削って形作っていけるのです。

 

コピーライティングも同じで、
ライティングのスキルやセンスを磨きたいのであれば
ライティングのセンスやあなたのありたい姿に
行動して削って形作って創り出せばいいのです。

 

ということで
あなたの中に眠るコピーライターとしてのセンスを形にするためのポイントを紹介していきます。

 

まずはインプットをして知識を蓄える

library-488678_640

センスを磨くにはまずは誰よりも知識を仕入れていくことが大事です。

特にライターを目指したいあなたは
ライティングの知識に関してはこのブログで十分です。

まずは基礎基本から学ぶことが大事です。

 

学校で配布された教科書の文法や公式があるから
英語が読めたり数学の定理を証明出来たりするわけで、

 

それはコピーライティングも同じ。

「コピーライティングとは?」
「人がモノや商品を買う時の心理とは?」
「読みやすい文章とは?」
「誰に向けてどんな方向性で文章を書いていくべきか?」

そういった教科書の基礎を学ぶからこそ
それを応用してキラリと光るセンスある文章が書けるのです。

 

必ず基礎は徹底して学びましょう。

コツは「誰よりもインプットする」ということです。

 

文章を書いてアウトプットをする

writing-933262_640

学んだことは片っ端から文章書いて吐き出して行きましょう。
これを「アウトプット」といいます。(※知識を仕入れることを「インプット」といいます)

多くの結果を出せない人は
「インプット」が多いと言われています。

それは何故かというと
得た知識を応用して実践すること自体ハードルが高いからです。

そして
延々とカリカリ机のうえで知識を取り入れていくほうが遥かに楽なのです。

 

やってみればわかります。

僕も昔は何も考えずに文章を書いてました。
でもビジネスを学ぶにあたって

「文字の大きさ」や「改行のタイミング」、「見出しを入れるタイミング」

もっと高度になれば「どういう言葉を選ぶのか?」

こういった今まで意識したこと無い事を意識しようとすると
正直めちゃくちゃしんどいです。

だから情報を仕入れる「インプット」が行き過ぎて
それを行動に落としこむ「アウトプット」が不足するのです。

 

結果的に何も現実は変わらない・・・。
文章の進歩がない・・・。
そして結果につながらない・・・。

 

そのような悲惨な未来を避けるためには
学んだことをゆっくりでもいいから「アウトプット」していくことです。

例えば

「1文の長さは25字程度がオススメ」という学びを得たならば
それを愚直にまずはやってみる。

「文章を書くにあたって誰に向けるかターゲットを1人決める」という
ノウハウを学んだのであれば、
今日から文章を書く前に向ける1人を決めるように心がける

など。

 

新しい事を取り入れるってしんどいですが、
そのしんどさの積み重ねがあなた自身の進化とセンスの向上なのです。

スポンサーリンク

 

写経してまずは人の真似をしてみる

stormtrooper-1343772_640

写経の内容は「ネットでは教えてくれない「写経」のホントのところ」でも
扱っていますが

「写経」は正しい方法を押さえていればコピーライターとしての
輝かしいキャリアを爆発的に加速させる方法になります。

というのも自分よりも遥かに先を行く先人達の思考を
合法的に盗むやり方ですからね。
(ただし人の文章を丸パクリして自分の文章のように扱ってはダメですがw)

 

それになかなかアウトプットが出来ない方でも
写すぐらいはできるでしょ!というかそれぐらいはやってくださいw

 

自分が響いたメルマガの文章やブログ記事、
ランディングページやセールスレターなんでも

片っ端から写して写して写しまくれば文章力はメキメキ上がっていきます。

ただし「写経」はあくまで先人の思考を真似するための方法なので
知識をつけてから「写経」をしてくださいね。

詳しくはコチラの記事で解説しております。
ネットでは教えてくれない「写経」のホントのところ

 

「質」より「量」を意識する

busy-880800_640

最初から「質」にこだわる人は絶対に文章はうまくなりません。

 

なぜなら

文章はまずはわかり易い文章を書く。
慣れてきたら今度はターゲットを意識して書く。
ターゲットを意識することが当たり前になれば改行を工夫する・・・

とステップを踏んで人はスキルアップしていくのです。
そしてそのためにはどうしても数こなす必要があります。

いきなり「質」を高めようとすることは
いきなり全てをほぼ完璧にやろうとするということなわけですが、

そんなの無理です。
特にライバルをリサーチするために他のブログをネット上で検索すると
いい記事に出会ったり、見やすく作りこまれた記事ページなどをよく見かけますが

これらの上質なコンテンツと初心者ライター状態のあなたが
勝負をしたところで勝ち目はありません。

つまりいきなり「質」を求めようとすることは
あなた自身を苦しめる事になります。

 

しかし、それなりに記事や数をこなしていると

「これはこういうことをやっているのか?」
「これはこういうやり方なのか?」

ぼんやりと見えてきますからね。

 

よく言われる
「成功者は走りながら考える」という言葉。

その言葉通り
まずは「質」にこだわろうと悩みまくるのではなく
考えは程々にとりあえず「数」に集中すると

嘘のように結果はついてきます。

 

コピーライターとして一番センスのない人間とは
文才の無い人間ではなく、文章を書かない人間です。

 

ああでもないこうでもない・・・。

そうやって考え込んでいるあなたへ一言

「いいからさっさと文章書け!」

 

 

街中の広告や心に残る秀逸なキャッチコピー集を創る

departure-platform-371218_640

良い言葉を書きたいならば良い言葉に触れる必要があります。

あなたが普段歩いている建物に貼ってある広告や乗った電車の広告、CMなどのフレーズなど
心に響いたものをしっかりとメモする事をオススメします。

 

最近個人的にグッときた広告のフレーズは

「時計は一番見つめてもらえるギフト」

「ラクにかっこよく」

「もう1分探せば、もう1万やすい部屋が見つかったりする。
物件数が多いとはそういうことだ。」

です。

こういった日常に溢れているフレーズや広告に
意識を向けてみるとおもしろいかもしれませんね。

 

あるいは有名なキャッチコピーを分析してみるのも面白いです。

例えば、

「お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで」(マスターカード)

「愛は食卓にある」(キューピー)

「やがていのちに変わるもの。」(mizkan)

「暮らし感じる、変えていく」(P&G)

「Changes for the Better」(三菱電機)

などなど。

 

こういった有名コピーをネットなどで探してみると
また違った学びを得ることが出来ます。

小説や本など活字を読んでみる

book-691489_640

僕は小説や本などの活字からもライティングは学べると思っています。

なぜかというと
「文字から状況を想像させる工夫」がなされた文章の塊が小説や活字だからです。

特に面白い小説なんかは
文章だけで続きが気になってしまうわけです。

 

これはコピーライティングにも必須のスキルですよね。

 

コピーライターは特に商品を売るのであれば
その商品を買った後の未来を文章だけで想像させる必要があります。

小説や本はライティングの勉強になります。
なので小説や活字を読む人ほど語彙力と表現力が強い傾向にありますので、
息抜きも兼ねて読んでみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに僕のオススメの小説は
「龍馬が行く」です。

この本はかの有名な「坂本龍馬」の物語でして、
歴史モノかつ活字の苦手な僕でもスラスラ読めました。

特に小説なんてすぐ集中力が切れてしまうのですが、
この本では「おー!いつの間にか読み終わっていた」

みたいな不思議な感覚です(笑)

 

また坂本龍馬は日本で初めて「海援隊」という会社を作った人なので
これから起業や独立を考える人にとっては目指したい革命家の一人ではないかと思います。

※海援隊が気になる方はコチラ

ということで、

コピーライターたるもの何か1つでも小説や活字に触れておくことをオススメします。

あなたにとって一番読みやすいモノを選んで
楽しみながら言葉に触れていきましょう。

 

「コピーライター」としてのセンスの磨き方まとめ

fountain-pens-1393979_640

以上を総括して言えることは

コピーライターとしてのセンスを磨くには
「ほどほどに知識をインプットしながら、誰よりも文章を書いて書いて書きまくる!」

これに限ります。

 

人が1日1つの文章を書くのであればあなたは2つの文章書けばいいわけです

人がブログやネットでライティングのノウハウをインプットしているのであれば
あなたはお金を投資したり、街中の広告や本やコミュニケーションからインプットすればいいわけです。

めちゃくちゃ単純でしょう?

 

センスや才能というのは
先天的にあるものではなく後天的に身についていくもの。

 

世界の最前線で活躍している人たちがすでに証明してくれているのです。

「センスや才能なんて努力でなんとかなる」ということを。

 

なぜなら世界レベルで活躍する人たちは
誰よりも自分の仕事に誇りを持ち、そしてそれを愛して追求し続けた人たちだからです。

 

そして、
そういった「何か1つへのこだわりと執着」を人は「センス」と呼ぶのです。

 

 

今あなたがライティングのセンスが無いと嘆いているのであれば
今すぐ筆をとって文章を書き始めましょう。

「自分にライティングのセンスがないかも?」
と思うには100万年と2000億文字早いですから。

 

ということで、
センスを磨きたいならまずは書くことからはじめましょう!

 

コピーライティングで革命の日々を!

では。

マルタ
福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!

詳しいプロフィールはこちら

●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
    2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!
    詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@