「自分らしく生きる」ということを教えてくれた。人生変わるたった一冊の本


どうも、コピーライターのマルタです。

 

『自分らしく生きているか?』

これは永遠のテーマですよね。

特に僕は学生時代から人一倍求め続けてきたテーマです。

 

というのも、
僕が小学生低学年の時から母親がいなくて父親だけでした。

そして父親は僕が起きるよりも早く仕事に出かけて、
僕が寝るよりも遅くに帰ってくるわけです。
(しかも酔っ払った状態で)

 

 

1日親の顔を見ない日もザラにあるような時期に僕は

「将来僕が大人になったらこんな思いを絶対に子どもにはさせたくない」

と決意しました。

 

だから、
いづれ生まれてくるであろう子どもが寂しくないようにと
「別の場所に出向いて働きたくない=就職したくない」

という思いが僕の中で生まれたのです。

それが起業という選択肢につながっています。

 

そんな思いを抱きつつ、高校3年の時、
この時期になると進路について考えますよね。

 

父親
将来はいい大学出て、いいところに就職しろよ?
マルタ
いや、実は僕、就職せずにお金を稼いでいきたいと思ってるんだけど・・・
父親
何を言ってんだ!?そんなこと出来るわけないだろ。

夢みたいなこと言ってないで、もっと現実見ろ!

マルタ
・・・え・・・?

 

こんなやりとりで僕は一気に働きたくなくなりました。

 

大学時代では、
周りの人間はみんな口をそろえて

密かに思いを寄せていたかわいこちゃん
でもどこかに就職しなきゃいけなくない?

とりあえず大学卒業して3年間ぐらいは働いてみれば?

人生とは何か?を説いてくる高校時代の友人
いい加減大人になれって!?

普通に就職して普通に働けば、それが一番幸せやって!

な!?

だからよ・・・、アホなことすんなって!

近所の柴犬
・・・Uo・ェ・oU

 

「就職すれば自由を失うし、自分らしさも失う。
でも生きていくためにはそうするしかない。
だからわがままにならず、周りと同じように普通に生きる。

それが一番の安定であり、一番の幸せ。」

 

みたいな考え方がめちゃくちゃ嫌いでした!

 

たった一度の人生、
お金と自由と、二兎を追う人生でいいじゃんと思っていました。

ただ、それと同時に
「どうして自分だけ価値観や考え方が違うんだろう・・・。
普通だったら良かったのに・・・。」

みたいな自己嫌悪も感じていました。

 

そんな暗黒時代に出会った
僕の人生を変えるきっかけをくれた書籍を紹介します。

前置きが長くなってしまいすみませんw

 

今でも一番心の支えとなっている書籍

そんな暗黒時代を彷徨っていた僕を救ってくれた本はこの本です。

2016-07-07 01.19.40

そう、「ユダヤ人大富豪の教え」という本です。

この本は結構有名で、
僕が最も尊敬する作家の「本田健」さんの本です。

 

「自分らしく生きたい」、「自由に生きたい」

そんな誰も理解してくれない思いを叫び続ける僕を
唯一肯定してくれて、ヒントをくれた本です。

 

例え、

「その本くれ!」と
目の前に1千万積まれても譲れないほど
僕にとっては一生心の支えとなる大切な本です。

(その1千万で本買えよって話ですけどねw)

 

もっと早くから学びたかった「お金」のホントの話

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

人の悩みの99%はお金で解決できると言われていますが、
まさにそのとおりだなと思います。

というのも、
好きなところへ行って、
好きなところで住んで、
好きなモノを食べて、
好きなだけダラダラしたいという願望も

無限の富があれば余裕で叶うわけです。

 

もしも、世の中にお金という概念がなくて、
食事も困らないのであれば、

きっとみんながみんな好きなことをやって
生きていけるだろうと思うわけです。

 

逆に日々、支払いや食事など「お金の概念」があるから
毎日自分のやりたいことすら忘れて、自分を押し殺して働いて
個性が死んでいっているわけです。

じゃあその「お金の概念」を自分の日常生活から
なくしていくためにはどうすればいいのか?

 

経済的・精神的自由を手に入れる。

そのためにまずは「お金」というものについて考えよう。
というのがこの本です。

 

これがめちゃくちゃ感動するわけです。

経済的・精神的自由を求めるということがどういうことかが明確に

「経済的、精神的自由?そんなもの手に入りゃ苦労してないっての!」

と考えるその前に・・・。

僕らは知らず知らずの間に常識に縛られているわけです。

 

別に毎日風呂は入れないからと言って死ぬわけではありません。

いい服着て、ブランドモノを集めないと生きていけないわけではありません。

就職できなかったからといって、死ななければいけないわけではありません。
(お金を稼ぐ方法なら他にもバイトなどもあるし、あるいは実家に滞在してもいいわけですから)

 

でもこれらの環境が当たり前過ぎてこれがないと
あたかも生きていけないみたいな感覚を抱いていますよね?

就活出来ずに自殺する学生が典型的な例です。

 

その考え方が結果的に
あなたを「経済的・精神的不自由人」にしているわけです。

 

ユダヤ人大富豪の教えには、

経済的・精神的自由人になるには、

お金が溢れるほどあればいいわけではない、
毎日何もしない生活がいいというわけではない。

無駄なお金の出がなくなり、自分のワクワクすることをすれば
お金がなくても経済的・精神的自由人になれる。

 

という事が書いています。
(厳密にこの通りに記載されているわけではない)

 

「お金があれば幸せなのに・・・」

という考え方を辞めて、

「お金がなくても経済的にも精神的にも自由になれる」

と知ることが自由への最初の第一歩なのです。

 

ムダに不必要なほど高いモノを買ったり、ブランドを集めたりして
見栄をはるような生き方をやめるとお金も貯まり、より自分らしくなる。

 

ということが「経済的・精神的自由人」には必須というわけですね。

 

辛い時こそ威力を発揮する本

ユダヤ人大富豪の教えにはキーワードがあります。

それは「やりたいこと、ワクワクすることをやろう」ということ。

そう聞くと、
「そうか!やりたいことだけやればいいんだな!
オッケー!仕事辞めてくる!ひゃっほーい!」

と考えるかもしれませんが、決してそうではありません。

 

僕も基本的に辛い事は嫌いです。

しかし、

「充実した人生=ノーストレスな人生」
というわけでもありません。

 

時にはしんどいことも必要だし、楽しい時は笑えばいいし、

いわゆる「喜怒哀楽」の4サイクルが均等に回る人生こそ
充実した人生だと思っています。

なので悲しい事、怒る出来事含めて精神の充実というわけですね。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」に記載されている
「やりたいこと、ワクワクすること」とはこういうことだと思っています。

 

確かに、
「楽しいことだけやって、しんどいことからは逃げる」

そういう人生はそれこそストレスはないかもしれませんが、
それと同時に「経験値」という部分が空っぽになります。

結果的に、
「経験値の不足=充実度の不足」
に繋がると思っています。

 

例えば、

「春」や「秋」は比較的気温が安定していて、
「夏」は暑いし、「冬」は寒いし・・・。

じゃあ日本の季節が「春」と「秋」だけだと楽しいか?

と言われるとそうとも限らないですよね。
夏は暑いけどそのおかげで海で開放的になれるし
水着のお姉さんをちら見しても捕まらないし、

冬は寒いけどそのおかげで恋人との距離がより近づくし
イルミネーションや星が綺麗に輝くわけです。

 

日本は春夏秋冬の四季があるからこそ美しいわけで、

それと同様に、
喜怒哀楽という心の四季があるからこそ美しく充実した人生を
歩めるということです。

 

嫌なこと、楽しいこと、
含めて「やりたいこと、ワクワクすること」と
本書では解説しています。

 

しんどい時こそ、この本からはパワーをもらえます。

 

宗教じみているって?

久しぶりに会った友達から未だに
「宗教じみてるよ?」と言われるのですが、

僕からすると「ああ!そうだよ!」って感じです。

 

そもそも宗教って、
救ってくれる「神」へ尊敬を示し、
そしてその「神」の教えに従って生きていくみたいな感じですよね。
(ザックリですみませんw)

それを僕は、
著者である「本田健」さんへ尊敬を示して、
その「本田健」さんの教えや提供してくれるノウハウや考え方を
実践で取り入れているというわけです。

 

正直誰だって、尊敬する人はいるだろうし、
尊敬する人が発言することって

例えその発言が正しいかどうかなんて
誰にもわからないにも関わらず

全て「正しい!」と
思うものですからね。

 

それは言い換えれば宗教とも捉えることができます。

そう!みんな宗教の一部なんだよってことです。

 

話が若干それましたが、

 

「ユダヤ人大富豪の教え」は

「宗教って思われてもいいや」

ってくらいにめちゃめちゃいい本です。

 

まとめ

今回紹介した本は
僕の人生に革命を起こした本です。

それと同時に僕の人生観の基礎となっています。

 

  • 周りの声を気にしない、自分らしい人生を生きたい
  • 自分のビジネスを所有して自由を手に入れたい人
  • 日々の忙しさに疲れ、無気力状態に陥った人
  • 経済的にも精神的にも余裕が欲しい人
  • 非日常の人生を生きて、俗世とはお別れしたい人
  • 今の環境が嫌でたまらなく、「どうしてこうなったのか?」と人生やり直したいと考えている人
  • 人生絶対に後悔したくないと願う人
  • 感動する本を読みたい人

 

そんな人はゼッタイに読むべき一冊です。
(シリーズは3部作まで出ております。)

 

ユダヤ人大富豪の教えで革命の日々を

では!

 

PS.

僕のブログでは「自由」とか「自分らしく」というテーマを
よく扱ってます。

今回の記事をより充実させるために
以下の記事も合わせてお読みください。

 

時は来た!今こそ好きを仕事にするときだ!

「好きなことを仕事にする」ことは難しいが決して不可能ではない話

 

マルタ
福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!

詳しいプロフィールはこちら

●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
    2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!
    詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@