クラウド系のライティング案件はもはやネット上のブラック企業だと確信した話。


どうも、セールスコピーライターのマルタです。

 

この前なんとなくクラウド系のサービスのライティング単価を調べていたのですが、エゲツないほど安いですね(笑)

しかも、FacebookやTwitterでも

「クラ◯ドワークスはキチガイ」

「発注者の態度ムカつく!」

「あぁ~、後は1000文字の記事1記事で今日は終わり~」

「50記事の納品はさすがにキツイぜ~」

「1文字=1円あれば良案件っしょw」

みたいな投稿も割とあって、

 

あれ?これって

「これ終わったら帰れるー!」

「新卒で初月20万円あれば御の字」

「あの上司ムカつくよな!」

みたいな、

いかにも社畜感溢れるサラリーマンの発言とかなりダブる気がしたのはおそらく僕だけでしょうか。

 

いや別に、サラリーマンが悪いとかそんな話じゃなくて、ネットでお金を稼ぐのって、雇われて働きたくないとか上司がいないとかそういったのも1つの魅力だった気がするんです。

 

しかしそういった、

自由かつストレスフリーが魅力的なネットでの働き方にも、
まるで雇われてコキ使われている職場とあまり変わらない空気感が漂っている事に「あれ?」と疑問が生まれたのです。

 

クラウド系のライティング業務がどう考えてもブラックだと感じた

その理由として、クラウド系の単価に問題があります。

ライティングの「単価」ってクッソ安いですね(笑)
思わず声あげて笑ってしまいました。

僕も前はそういった案件をこなして小遣い稼ぎはしていましたが、その当時でも「安いわぁ」と思っていたのに、今はそれよりもヒドくなっています。

 

ざっと見た感じではありますが「1000文字以上で200~300円、それを50記事納品で1案件」みたいな案件が多いですね。

つまり1記事を300円で換算してもらえたとしても50記事なので15000円。

 

クラウド系のライティング業務がどう考えてもブラックだと感じました。

その理由をツラツラと述べていきたいと思います。

 

もし、副収入で月に5万円ほどほしいという人の場合

もし、そういった人の場合だと、

仮に本業での労働時間8時間、睡眠時間8時間だとすると、1日、副業に使える時間は8時間となります。

ザックリと計算すると15000×4=6万円なので、50記事案件を4件こなすことになりますね。

1記事を1時間でかけるとしたら月5万稼ぐのに50×4=200時間必要。

1ヶ月の本業(8時間)と睡眠以外(8時間)に使える時間は8×30=240時間なので、

1ヶ月、プライベートに使える時間は240-200=40時間。

 

仮に1ヶ月に40時間の自由時間を均等に分配するなら1日に使える自由時間は約1.3時間となります。

 

なかなかストイックな領域ですね。

 

もし、ライターとして独立したい人の場合

もし独立したいと考えるならば、単価が15000円の1案件を10案件こなしてやっと15万円。

書く記事数は単純計算で50×10で500記事となり、1ヶ月30日で割れば1日16~17記事書かなければならない計算です。

1000文字書くのに1時間かかるとすれば1日16時間労働となります。
(1000文字を書くのに30分で計算すれば1日8時間)

 

もはや変態の世界ですね(笑)

 

また、クラウドワーカーで月収20万円を超える人は111人という統計が出ております。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-23-21-45

引用元:https://news.careerconnection.jp/?p=21360

厳密に言えば、昨年(2015年)10月から12月末までの期間に、平均月収20万円以上を達成したユーザーは111人のみでああり、全クラウドワーカーの割合の約0.014%とのこと。

しかも「ライター」は残念ながら3.6%です。

おそらく今現在までに、少しずつ増えてはいるでしょうが、それでもライターとしてクラウド系で独立するのは遥かに険しいドMの道であり、現実的ではないとも言えます。

 

しかも、発注者側のさじ加減で「非承認」にされる。

おまけにその収益が反映されるかどうかは発注者が納品されたサービスを気に入るかどうかで決まります。

中には意味不明かつ理由もなく非承認にする悪質発注者もいるとのこと。

 

これはクラウド系で生計を立てている人にとってはかなり致命的なダメージになりますね。

 

どれだけ頑張って提案書を作り直したとしても、理不尽に突き返されるような社畜な風景が頭に浮かびます。

 

上記の観点からクラウド系ライティング案件はブラックだと確信しました。

 

 

なぜ単価はありえないぐらい安いのか?

その理由はズバリ簡単です。

「誰でも良いから」ですね。

結局、誰でもできるようにある程度のマニュアルや構成は発注者が考えているので、
「誰でも良いし、小遣い稼ぎでもなんでも良い。とにかくやってくれる人が欲しい」というのが発注者の本音です。

中には素晴らしい人もいらっしゃるでしょうが、それでもやはりライターの人は駒扱いといったところでしょう。

だってライターを低賃金で雇って、その発注者のビジネスは利益がドカンドカン出るわけですからね。

 

低リスク、高リターンというまさに「成功するビジネスの王道」なわけですから。

 

しかも、クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどのクラウド系の中でも一番の人気を誇るのがライティング案件です。
デザインやホームページ作成と違い、記事の作成ならば初心者からでも始めやすいからおそらく参入者も多いはずです。

ですので、供給の多いライターが多いからこそ、ライティング案件の安さもうなずける話ですよ。

 

ではライターとして稼いでいくために必要な事は何なのか?

まずはクラウド系のフィールドで他者を競うことをやめることです。

そしてあなた独自のメディアなどを構築して、自分だけのフィールドを作り上げてあなた独自のブランドを構築しながらライティングスキルを提供することです。

ブランディング構築に関してはコチラの記事で詳しく解説しているので、ぜひ一度読んでみて下さい!

相手に喜ばれながら単価を100倍以上引き上げて受注するためのコピーライターが取り入れるべき4つのブランディング戦術とは

自分だけのブランディングを構築すると正直文字単価が1円とか2円とかそんなレベルじゃなくなります。

「いくらでも出すからあなたに依頼したい!」という状況になります。

ライティングスキルをいくらで提供するか額を決めるのはあなたになります。
もちろん数十万を超える高単価でも飛ぶように売れるようになります。

 

小額しか稼げない案件を沢山こなして、月ギリギリの額を稼ぐよりも、
1~2件で月の生活が賄えるレベルの高単価を受注して時間とお金に余裕のある生活を送るほうが得策じゃないかなとも思います。

 

まとめ

とりあえず、クラウド系ライティングはブラックなので、もはや副業すら適してないとも思っています。

そこに時間と精神を割くぐらいなら、スパッとやめて自分のブログを構築してブランディング戦略をしっかりやれば十分に稼げます。

 

もし、コピーライターとして高単価を狙う方法を知りたい方は

コチラより僕の開催しているメルマガ企画「”貧困ライター”大革命計画」へ登録下さい。

タイトルで結構反感は買ってますが、反響は良いです(笑)

 

”貧困ライター”大革命計画





 

マルタ
福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!

詳しいプロフィールはこちら

●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
    2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!
    詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@