わかりやすい文章を書く超シンプルな方法とは?


どうも、コピーライターのマルタです。

 

「どういう流れで文章を書けばいいのか?」

これからWEBライティングを始めていく人にとっては一番の悩みではないでしょうか?

 

そんな悩みを一瞬で消し飛ばす手法があります。

それは「PREP法(プレップほう)」という手法です。

 

この手法を使えば、文章構成の悩みが一瞬でなくなり、ブログやメルマガを書く時に大幅に時間短縮ができます。

また「PREP法」を使えば、文章構成も非常にわかりやすく読者からも読まれる文章に仕上げることができるのです。

 

今回は超シンプルにわかりやすい文章が書ける、「PREP法」について解説していきます。

 

「PREP法」とは?

PREP法とは、以下の4つの要素で成り立っています。

  1. Point・・・結論
  2. Reason・・・理由
  3. Example・・・例
  4. Point・・・結論を繰り返す

※これら4つの頭文字をとって「PREP法」とよびます。

 

この手法を用いると文章を書き始めたばかりのド素人でもしっかりまとまった文章を書くことが出来ます。

 

例えば、リンゴ好きをアピールするとこのようになります。

 

私はリンゴが大好きです。(P:主張・結論)

なぜならかじると甘い汁が口中にジュワーッと広がって美味しいからです。(R:理由)

 

ちなみに、毎日必ず1個食べています。

毎日リンゴをかじりすぎて最近少し歯が痛くなってきました笑(E:例)

 

そのぐらいりんごが好きです。(P:再度主張・結論、まとめ)

というのが流れです。

 

「結論」⇒「理由」⇒「例」⇒「再度結論」の流れを意識すれば、簡単に簡潔でスッキリとした文章を書くことができるのです。

文章の構成が苦手な人や、文章を書きながら脱線しやすい人は特にオススメの方法です。

 

どうしてPREP法が有効なのか?

現代のブログ記事や文章にはPREP法が非常に有効で、もはや起承転結では生き残れないのです。

なぜなら、大量の情報が溢れていて、人は情報を集めることに忙しいからです。

 

PREP法は一番シンプルで読まれる文章の流れを駆使すれば文章構成がわかりやすくなるだけでなく、読まれる文章になります。

 

1.まずは結論を述べることが大事

 

PREP法はまず最初に結論を述べることから始まります。

マルタ
今回は「犬派か猫派か」について話したいと思います。

まず犬って忠実だから一生のパートナーって感じがするじゃないですか。ピカチュウみたいなね。

逆に猫って確かに忠実さは欠けるけど、たまに見せるツンデレはグッとくるんですよ・・・。

 

あ、そうだ!ちなみに犬ってうんたらかんたら長々長々ながながナガナガNAGANAGA・・・・・・

読者さん
・・・んで、あなたは犬派と猫派どっちなのよ!?結論はよ言ってよ!!コッチは時間ないんだけど・・・!?
マルタ
・・・すいません。

 

みたいに、ブログを読む人は急いでいるわけです。

読み手が急いでいる時に、ささっと結論を述べることができれば親切でわかりやすい文章が出来上がります。

 

一番最初に、主張や結論をハッキリさせることは非常に重要なのです。

 

2.主張と根拠はワンセット

主張の次は「なぜその主張をするのか?」という根拠や理由が必要です。

 

主張に理由や根拠があることで文章の一貫性が保たれ、信憑性が増します。

 

逆に理由がないと、読者は「え?どうしてそういう結論に至ったの?」と不審に思われ、やがて読まれなくなります。

そうなればあなたの主張は喧騒に消えていくのがオチですね。

 

マルタ
私は犬派です!なぜなら犬は猫と違って飼い主の言うことをしっかり聞いてくれるからです。
読者さん
なるほどね。それは一理あるわね・・・。

 

と理由を付け加えることで主張に納得してもらえるのです。

「主張+根拠」のワンセットは非常に重要です。

 

3.具体性を持たせることで、さらにあなたの主張が読み手に響く

主張と根拠を述べて、さらにわかりやすく説明するためには具体性を持たせることが大切です。

ですので、もう一歩わかりやすくするために一例を出しましょう。

 

マルタ
猫を飼ったらツンデレ感は好きだけど、家の中暴れて大切な機材とか壊しそうかなと。

それに比べて犬はぴょんぴょん飛んだりしないし、おとなしい柴犬なら飼い主の言うことを忠実に聞いてくれるだけでなく、孤独に打ちひしがれた時はそっと寄り添ってくれそうかなぁ・・・。

 

読者さん
んー、わかるようなわからんような。まぁそういう考えってことね・・・。

 

具体性を出すことで、あなたがどういうイメージを持って主張しているのかが読み手により明確に伝わります。

 

読みやすい文章を書くためには具体性も重要なのです。

 

4.最後のもう一度結論・主張を述べる

最後はもう一度結論・主張は述べて下さい。

最初に結論を述べて、次に理由と具体例を述べてきたら文章を読んでいる人は「あれ?これなんだったっけ?」って話の大枠やテーマを忘れている可能性があります。

 

マルタ
という理由で僕は犬派です。
読者さん
はい。

 

最後にあなたが一番伝えたかった主張や結論をもう一度述べてあげるとより親切な文章になります。

 

「礼に始まり礼に終わる」という言葉があるように、文章も「結論に始まり結論に終わる」ことを意識しましょう。

 

最初はPREP法に忠実に文章を書いてみよう!

文章を書くのが苦手な人やこれから文章を書いていく人は、とにかくPREP法に忠実に文章を書くことをオススメします。

「文章の構成に関して自分で考えて個性を出したい!」というこだわりはわかりますが、こだわるのは文章構成の基礎ができあがってからでも遅くはありません。

 

  1. Point・・・結論
  2. Reason・・・理由
  3. Example・・・例
  4. Point・・・結論を繰り返す

 

このPREP法は超シンプルですが、文章だけでなくプレゼンテーションや日報などにも応用できる強力なツールです。

 

ぜひトライしてみて下さい!

 

では!

マルタ
福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!

詳しいプロフィールはこちら

●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇むセールスコピーライター。ライティングスキルを乱用して個人の方や事業主の方の「個性」を発信しまくるお手伝いしています。東京喰種とキングダムにドハマリ中♪
    2017年こそはアウトドア派コピーライターを目指すため読書会を開催し始めました!
    詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@