コピーライティング3つの壁(3つのNOT)を突破するためにあなたがやるべきことまとめ

Pocket

どうも、コピーライターのマルタです。

 

コピーライティングにおける3つの壁は有名ですね。

  • 読まない(Not  Read)
  • 信じない(Not  Believe)
  • 行動しない(Not  Act)

 

読まれないと、残念ながらあなたが何十時間かけて書いたレターやブログ記事は読んでもらえません。

読んでもらったとしても、信用してもらえないと一瞬で離脱されます。

仮に読んでもらって、信じてもらえたとしても行動してもらえない限り、あなたのサービスは購入されません。

 

つまり、

3つの壁を乗り越えないとあなたはライティングは全く価値を提供できないということです。

むしろ、意味不明なことを書いていたら、読者の時間を奪うノイズに成り下がります。

もちろん稼げません。

 

えぇ、世の中って時に残酷。[/chat]

しかしですね、裏を返すと、
その3つの壁さえ突破できれば、ライティングで価値提供できて、商品売れてウハウハってことですよね。

 

これは萌えます、いや燃えます!

 

ということで、
今回は3つの壁を突破するためのポイントを解説します。

一番難易度が高いのは「読まない(Not  Read)」の壁

この3つの壁で一番難易度が高いのは「読まない」、すなわちイントロダクションの部分です。

いきなりラスボスw

 

逆に、これを一度超えれば、後の文章は原理原則を守っていれば、文章は読まれます。

商品が売れます!そして財布が暖まります!

そのためにも、まずは魅力的な書き出しが必要ですね。やるしかない!

魅力的な書き出しをスラスラ書く方法

例えるならば、
あなたがRPGをやっていて最初の街を出たらいきなりラスボスみたいな感じです。

このラスボスを倒せば、あとは比較的楽ですからね。

 

なので、まず文章やレターを書く時は、
読まない壁というラスボスを抹殺することだけに集中することが大切なのです。

【読まれない壁をブチ破るため方法】目を惹く面白いキャッチコピーをひたすら練りに練る

読まれない壁の攻略続きです。

やはり、目を惹く面白いキャッチコピーが重要です。

ブログやメルマガならば「おっ!」と思われるタイトルをつけたり、
レターであれば思わずスクロールしてしまうようなヘッダーを作るべきです。

 

そのために必要な要素は主に3つあります。

  1. メリットを提示する
  2. ベネフィットをイメージさせる
  3. 反社会性で見ずにはいられなくさせる

 

1.メリットを提示する

この文章を読むメリットを提示すること、これスゴイ重要です。
できるならば、メリットにインパクトを持たせることも意識しましょう。

なぜなら、ブログとかメルマガとか含めたWeb媒体で文章を読む人ってそこまで暇じゃありません。

タイトルからメリットなさそうなら普通にスルーされます。

読まないわけですね。

 

なので、メリットが必要なのです。

※ただし、あなたが情報発信したいターゲットに沿ったメリットを提示することが条件。

 

例えば、あなたのターゲットが忙しいけど痩せたい人向けの文章であれば、
「1日5分毎日続けるだけで、1ヶ月で7.2キロ痩せられるエクササイズを紹介します!」

とメリットが明確になっていれば思わず読みますよね?

このようにターゲットの悩みを解決するメリットが明確になっていれば、読まれない壁は突破できる可能性がグーンと上がります。

2.ベネフィットをイメージさせる

ベネフィットとはメリットのその先の未来のことです。
つまりメリットよりも強力なワードとなります。

例えば、
「ドリル」が欲しい人は厳密に言えば、ドリルという機械がほしいわけではなく、欲しいのは「穴」ですよね。

これがベネフィットです。

 

他にも、コピーライターを目指す人が欲しいのは「ライティングスキル」でもなければ、
「自分らしく仕事ができる」とか「自分らしい生き方」とか「自宅でもできる仕事環境」なのです。

その手段として「ライティングスキル」なのですね。

これは混同しないように注意しましょう。

 

話がそれましたが、

先ほどの内容だと、メリットは痩せることでしたね。

しかしベネフィットとなると例えば「痩せてイケメン彼氏ができる!」と痩せたその先の明るい未来を提示する役割なのです。

 

ですので、先ほどの例と組み合わせると、

【意中のイケメン男子と付き合えちゃう!?】1日5分毎日続けるだけで1ヶ月で5キロ痩せるエクササイズを紹介します!

みたいなタイトルが出来上がるわけです。

 

我ながら中々のキャッチーではないだろうか(笑)

3.反社会性で見ずにはいられなくさせる

反社会性とは一般の人が使わない言葉やタブーとしている言葉を使用することです。
これを使うと、否が応でも人は反応してしまいます。

例えば、「合法的にアクセスが集まるブログを量産する方法」とか「あなたを恐怖の絶望に落とし込む、驚愕アフィリエイト!!」みたいな。

あるいは「【閲覧注意!!】カップ麺を毎日食べていた人の末路・・・」とかですね。

 

まぁただこれって薄々感じていると思いますが、使いすぎると胡散臭くなります(笑)

 

なので、程々に使うことをオススメします。
なかなか諸刃の剣ですからね。

 

他にも、反社会性のワードとして「人物」も当てはまります。

例えば、
「ヒトラーの演説から見えてくるコピーライティングと人心掌握術」みたいなものも反社会性に富んだキャッチコピーですよね。

「ヒトラー」という人物も反社会性に含まれますと思います。
というのも、歴史的にいろいろやらかしていますからね(笑)

 

最近であれば、「帰ってきたヒトラー」という映画もキャッチーだなぁと思いました。

帰ってくんじゃねぇww[/chat]

いろいろなタブー話などもストックしておいて、いざという時に小出しにすると目を引くキャッチコピーが生まれます。

文章の内容を信じてもらうためには論理を徹底する

次に3つの壁の内に2つ目、「信じない壁」を突破する方法です。

正直一度、ページのスクロールが始まれば、
次は内容が役に立つか?分かりやすいか?に読み手の意識が向きます。

ココで一番大切なことは、「しっかり論理が徹底されているか?」です。

 

論理的に構成された文章は非常に読みやすいです。

なのでその読みやすささえ問題なければ基本的に信じてもらえます。

 

では信じてもらえる文章はどうやって書けばいいのでしょうか?

主張→根拠→結論→主張→根拠・・・を繰り返して論理の飛躍をなくす

これに尽きます。

情報発信においては、あなた自身の思いの主張が必要になりますが、

その主張を聞かされた人は、「どうしてそう思うの?」という疑問が浮かぶのですね。

これは意識的にも、無意識的にも。

 

ですから、あなたが主張をしたら、それに対する意味付けや理由付けをするのです。
その理由を添えることで、読み手は「なるほどなぁ」と感じてもらえます。

この「なるほど」の積み重ねがあなたへの信頼です。

 

逆にあなたの主張に理由がなかったり、根拠がなかったらそれは論理の飛躍になります。

「どうしてそういう事が言えるの?」

「どうしてそういう主張ができるの?」

と言った具合に不信感を抱かれてしまいます。

 

例えば、あなたが数学苦手だとして参考書を買ったとします。
しかし解答を見ると、途中の計算が省かれていて、

「どうしてこうなった!?」となったらしんどくないですか?

いちいちプロセスを考えたりしなければならないので、
おそらく「この参考書ダリィ・・・」と思うはずです。

 

それと同じで、あなたの主張や導き出した解答はなるべくそのプロセスを省くことなく説明することが大事なのです。

それが主張の根拠となるのです。

 

ですので、繰り返しますが「主張→根拠→結論→主張→根拠・・・を繰り返して論理の飛躍をなくす」事が非常に大切なのです。

ド素人でも大丈夫!たった4つを意識すれば、10分あれば理にかなったわかりやすい文章を書けるようになります!

あなたが読み手にとってもらいたいアクションを促す

最後は3つの壁の「行動しない」を突破しましょう。
ただこれは非常に簡単です。

 

「ココをクリックしてください」と促したいアクション内容を記載するだけです。

メルマガに登録してもらいたいなら「今すぐコチラをクリックしてメルマガに登録してください!」と記述スれば良いのです。

 

なぜなら、行動の壁に来る時点で読者はあなたの文章を読んで、あなたを信用している状態なわけです。

つまり信用しているあなたから後は指示を頂ければ何でもします!というトランス状態と同じなわけです。

 

下手するとあなたは新世界の神ですよ?(笑)(デスノート風に言えば・・・)

 

「神!仰せの通りに・・・!!」(´・ω・`)ゲス顔

 

えー、話を戻しますが(笑)
ここまで読んでくれた方に対して行動を促すなら「具体的なアクション」を明示するだけです。

 

逆にNGな例はこんな感じです。

今日から3日間限定で1,500円で販売しております!

フォーム

フォームがぽんと置いてある状態です。

お客さんは混乱します。
「これは何?」と。

非常にもったいないけど、残念ながらやっている人は多いです。

 

以下、修正

今日から3日間限定で1,500円で販売しております!

下のフォームをクリックしてお買い求めください

フォーム

これスゴイ重要です。

だって、具体的なアクションを提示してあげないと人は動けないですからね。

ですから、アクションを促したいのであれば、
「コチラから購入下さい」、「下からメルマガに登録してください」、「クリックしてください」

とやるべき行動を明示してください。

コピーライティング3つの壁まとめ

これまでコピーライティング3つの壁を破壊するテクニック的な部分を述べました。
いや、テクニックは非常に重要ですよ?なのでバシバシ使って下さい。

しかし、お客さんや読者さんがどういった心境であなたのページを閲覧しているかということは必ず意識してください。

あくまでテクニックはあなたの主張を読み手にクリアに伝えるツールです。

 

テクニックに偏った文章を書くことだけは辞めて下さい。
ガックシと反応を落としますので。

用法用量を守れってことですね^^

 

3つの壁は適切に用いて、価値を発信し続けるライティングを目指しましょう!

 

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇む映画大好きセールスコピーライター。 ストーリーを用いたコピーライティングを使って、 Webセールスの仕組みを構築したり、ライティング指導やコンサルティングなども行っている。 東京喰種とキングダムにドハマリ中♪ 定期的に映画鑑賞会もやっております。 詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@