映画「帰ってきたヒトラー」の感想とそこから学んだ大衆心理の恐怖、そして、コピーライターとしてのあり方

Pocket

どうも、最近アマゾンプライムを契約して、映画で豪遊しているマルタです。

 

さて、『あなたは帰ってきたヒトラー』という映画をご存知でしょうか?


「笑うな危険」というキャッチコピーに惹かれて、ついつい観ちゃいました。

マルタ
「笑うな」って禁止されると、反発して笑いたいために観ちゃうみたいなところありますよね。ガキの使いみたいなノリですかね・・・

果たしてどんな映画なのかなー?って好奇心マンマンで観たのですが、

見事なまでのブラックジョーク!いや笑えない!

 

これは単純な娯楽だけでなく、
コピーライターとしての姿勢すらも正してくれる!!

 

そんな映画でした‥‥。

映画「帰ってきたヒトラー」のあらすじをざっくり

本題に入る前に、まずはあらすじをババーっと説明します。

現代にヒトラーが蘇る

理由はです。

いきなり現代(2014年)にヒトラーが蘇ってしまいます。

テレビを作りたい男と、ヒトラーが出会う

主人公は勤めていた大手テレビ局をクビになります。

「オレをクビにしたことを後悔するような企画を作ってやる!」と意気込んで街を歩いていると、たまたまヒトラーは出会います。

主人公は、「アハハァ!!ヒトラーそっくりぃ!」とテンションが上がりまくっています。
※相手はヒトラー本人です。

 

まぁ現代にヒトラーが復活したとか、100人が100人、夢にも思わないでしょうね。

 

主人公は「これはヒトラーそっくり芸人として何か面白いネタができるかもしんねぇべや!」とヒトラーを説得し、タッグを組むことに・・・。

この主人公の男とヒトラーの出会いが、最悪のきっかけとなるのです。

マルタ
展開はやすぎぃ!!だがそれが良い・・・!

ドイツ人の内なる悩みを聞く企画

さすがヒトラー!

自分の名を馳せるためにやるべきことは、まずは国民の声を聞く。

ヒアリングはビジネスシーンにおいても、人間関係でも必須ですよね。

ネットで拡散され、人気者に!テレビ出演!

主人公が動画をYoutubeに投稿し、100万回再生を突破!

この企画が、かつて主人公が勤めていた大手テレビ局も注目し、無事?採用されます。

もちろん、誰もまさか本物のヒトラーだとは思っていないですから「ヒトラーものまね芸人」と勘違いされたまま、テレビで紹介されます。

オーディエンスも「こいつヒトラーを完コピしてやがるぅ!」と興奮気味です。

※相手はヒトラー本人です。

 

テレビ放送後、「ヒトラーものまね芸人」として大きな反響が生まれます。

SNSでは大量のいいね、リツイート、コメントをかき集め、YoutubeではYoutuberがそれぞれヒトラーに対する考え方の持論を白熱させるなど。

まさにネット世界の相乗効果!

ヒトラーが現役だった1945年当時のプロパガンダがバカらしくなるほどに、超スピードで世界に拡散されていきます。

 

街ゆく人々も「あ!ヒトラーだぁ!写真撮って――――!」と言われるようになり、完全にヒトラーはドイツで、いや世界中で有名になったのでした。

ヒトラーが政治に突っ込みだす

「ヒトラーは似ているだけでなく、演説もホント上手い!」と、太鼓判を押すテレビ局はヒトラーをついに政治問題へまで突っ込ませることに。

 

この国、ドイツの抱えている問題とは?

この問いに対するヒトラーの演説が、国民の根底にある漠然とした不安を浮き彫りにし、この国の問題点と解決策を見事に見出すことになりました。

 

もちろん、ヒトラーの演説には賛否両論はありました。

しかし、それ以上に毎日連日テレビでヒトラーは報道され、毎日ヒトラーの考え方を刷り込まされた国民は、やがてヒトラーを支持するようになり、その支持数が国民の過半数を超えてしまうのです。

マルタ
かの悪夢の再来がちらつきます。

 

最初反対していた人も、次第にこいつの言う通りかもしれないと改心し始め、やがて国民は「現代版ヒトラーの再来いいいぃ!」と歓喜します。

※相手はヒトラー本‥‥(ry

ヒトラーは国民の心をつかみ、国を変えるために政治へ乗り出すのでした。

 

・・・\(^o^)/オワタ

気づいた時には時すでに遅し

しかし、主人公もさすがにバカではありません。

常に一緒にタッグを組んできたヒトラーが、度々見せる過激的思考に対し、以前から疑問を持ち続けていたのですね。

 

そして、最後の最後に「あ!こいつ本物じゃん!」と気づきました!

よくやった!!と思いきや、時すでに遅し・・・。

 

すでにヒトラーは世界的有名人へ(もちろん、国民は本人が本物のヒトラーとは気づいていません)。

主人公が「彼は本物のヒトラーだ!今すぐやめろぉ!」と訴えますが、「精神疾患あり!」とみなされ、病棟を送られます。

マルタ
「偽りを熱狂的に信じ、真実を徹底的に否定する」・・・こういう系の映画が実はホラーより怖かったりします。

ヒトラーのヒトラーによるヒトラーのための政治が今始まるのでした・・・。

映画「帰ってきたヒトラー」レビュー
演出がとにかくスバラシイ!!

というわけで、あらすじは以上となるのですが、

映画「帰ってきたヒトラー」は演出がマジで凄いです!

 

最初は本当にコメディ感たっぷりで、「あれ?これってマジで笑える系?」と思えるんですね。

かのドイツの国民を統一したヒトラーが「2014年だとぉ!?」と卒倒するシーンなんて、

「完全にコメディでしょ!」って思わされる演出なのですが、

 

ストーリーが進むにしたがって、徐々にシリアスに、国民がやがて洗脳されていく様に、「これはアカンやつや・・・」と・・・。

 

演説もユーモアがあるし、笑えば笑うほどに、あなたもヒトラーに洗脳されていくという、非常に構成も面白い映画だったなぁ・・・と思いました。

大衆心理とイメージの怖さ

今回の映画で気付かされるのは、人はつくづく集団の群れやきらびやかなイメージに弱いということです。

人は地味なものよりも、キラキラしている偽物を好むし、人が多く集まる集団に群れる傾向があるのです。

例え、それがニセモノだったとしても・・・です。

 

決して正義が勝つとは限らず、どんな悪だったとしても「支持者が多ければ勝てる」みたいな、多数決で決まる社会でもありますよね。

「みんなが使っているから自分も使う。」

「あのラーメン屋は毎日行列ができているからゼッタイ美味しいに違いない!」

など、自分の目よりも第三者を信じる人も多くいるのが現状です。

 

あるいは、心理学を活用したイメージ戦略や大衆心理がうまく散りばめられた現代社会とも言えます。

 

もちろん、それがダメだとは言いませんが、しっかり自分の目で確かめることも大事です。

 

さもなくば気づいた頃には取り返しのならないことになっているぞ!

今回の映画からそんなメッセージを感じ取りました。

我々コピーライターとしての心構え

この映画って、「ほへー」とは思えなくて、実はコピーライターの僕としても非常に気が引き締まる映画でした。

 

コピーライターは、

「いかに商品を売るか?そのためには、言葉や演出で商品をいかに魅力的にするか?」を考える職業です。

しかし、一歩使い方を間違えたら今回のヒトラーと同じように、なりかねないと思うのです。

 

コピーライターの心得は、素晴らしいコンテンツを世に広めること」

異論はないですね?

 

しかし、売る中身のコンテンツがひどかったり、購入された瞬間に購入者の期待を落胆させるようなコピーライティングの使い方はしてはならないわけです。

 

外面だけが良くて、中身クズな男がドンドン世の中の女性を悲しませるみたいな、そんな誰かを傷つけるようなことはしたくないのと同様、

煽りに煽ったコピーでゴリゴリ買わせて、中身の商品がショボかったというような悲しい思いを購入者にはさせたくないし、

 

結婚する前はあれだけ優しかった妻が、結婚した瞬間に態度が一変するみたいに、

購入する前は、「命かけてサポートします!」とあれだけ優しかった販売者が、購入した瞬間に、「あとは勝手にやってくださいねー」

と急に態度が素っ気なくなるような思いを購入者様にはさせたくないわけですよ。

 

えぇ、、、我ながらよくわからない例えですが、、、

実際に、こんなライティングやセールスレター、販売者はまだまだ、たくさんいます。

そして、そのような案件に知らず知らずに加担してしまうのも問題だと思うのです。

 

コピーを書くにしても、その商品が本当に中身のある商品なのか?販売者はまっとうな人間か?

しっかり吟味する力がコピーライターには求められるのです。

まとめ

今回の記事をまとめると、

イメージや大衆には気をつけろ。

ということですね(ざっくり・・・w)

 

「大衆はみな間違っている」

これは、かつて「人間開発の神様」と称された有名人「アール・ナイチンゲール」の言葉ですが、まさに真に迫った言葉だと感じます。

 

マルタ
アール・ナイチンゲールって勝手に女性だと思っていたのですが、男性だったのか・・・w結構衝撃・・・

PS.かのヒトラー閣下のパロディが使われている・・・

あなたはYoutubeで話題?のヒトラーの空耳の動画をご存知ですか?
おそらく知ってる人は知ってるんじゃないかと思いますが、You Tubeで「ヒトラー 空耳」と入れると出てくるめっちゃ面白い動画です。

 

実はこの空耳動画と同じシチュエーションが、映画「帰ってきたヒトラー」にも使われているんですね!

比較動画はYoutubeで「ヒトラー閣下 空耳 比較」とか検索すればおそらく出てきます。

 

マルタ
夢の共演・・・!

PPS.最後に、、、映画好きコピーライターの僕が、
映画「帰ってきたヒトラー」に物申す!

帰ってくんなよ!!

ただ、それだけだ。

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡に佇む映画大好きセールスコピーライター。 ストーリーを用いたコピーライティングを使って、 Webセールスの仕組みを構築したり、ライティング指導やコンサルティングなども行っている。 東京喰種とキングダムにドハマリ中♪ 定期的に映画鑑賞会もやっております。 詳しいプロフィールはこちら ●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@