【実例あり!】反応率を上げるメルマガの書き方とは?初心者からでも今すぐ実践できる3つのコツをご紹介!

Pocket

どうも、コピーライターのマルタです!

コピーライティングにおいて、メルマガライティングは必須です。

 

メルマガはブログと違い、顧客に直接アプローチを仕掛けることができるので、メルマガライティングを極めればWebマーケティングにおいて最強の営業マンになれること間違いなしです。

 

マルタ
100%コピーライティングのスキルが試される故に、メルマガを制する者こそ、コピーライティング、そしてビジネスをも制するのです!

ということで、今回はメルマガライティングにおいて、気をつけるべき3つのポイントについて解説していきたいと思います。

1、開封してもらえるタイトルにする

あなたも経験があると思いますが、Gmailなどのメールボックスに、メールが届いたらタイトルしか表示されないですよね?

ですから、開封してもらうためには、見てもらえるような、読者の気を引くタイトルをつけることが大切です。

例外として、「あ!この人からなら読む!」といったケースもありますが、そういった場合は強力なブランディングが構築されているので、いきなりそのポジションを狙うのは至難の技です。

ですから、「何だこれは!気になるぞ!」と思われるタイトルをつけることが重要です。

2、行間を工夫する

ライティングにおける「改行」というのは、いわゆる会話における「間」です。

この「間」を工夫することがメルマガライティングにおいて非常に重要です。

 

例えば、行間が一定なメルマガって無機質でつまらなくなります。

 

逆に、行間を1行開けたり、2行開けたりとリズムよく工夫したメルマガ

一部なので分かりづらいかもしれませんが(笑)

少なくともリズム良く行間を取っている後者の方が読みやすく、文章も詰まっていなくスッキリした印象がありますよね?

 

文章のリズムというのは、芸人に例えるならばトークです。

テレビに出ている芸人のトークって面白いですよね。

 

トーク自体ももちろん面白いですが、それ以上にトークとトークの「間」をわざと開けたりする工夫や技術がよりトークを面白くしているんですね。

 

会話においてトーンやスピードが一定だったら、ロボットのような冷たい印象を受けると思いませんか?

それと同じで、メルマガにおいては行間を一定にすると、無機質で退屈な文章に見えてしまうんですね。

 

行間も工夫することで、いくらでも面白く、読みやすくすることができます。

行間が一定にならないように注意しましょう。

3、見やすさを意識する

メールマガジンは、ブログ記事と違って、デザインや文字色を変えることができないので、ライティング業界におけるまさに実力至上主義の媒体といっても過言ではありません。

 

完全なるライティング力がモノを言う媒体です。

 

ですから、もっと読みやすく工夫したり、顔文字を使って飽きさせない文章を心かげる必要があるわけですね。

例えば、以下のサンプルをみてください。

このように顔文字を使ったり、強調したい文章の下に「~」の波線をうったりすることで、単調な文章にならず、読者に飽きさせないライティングができます。

 

また、下の例だったら、

「」でセリフを入れたり、「!」を入れたりすることでも、工夫は十分に可能なのです。

単調な文章にならないように気をつけましょう^^

まとめ

今回ご紹介した3つのコツは以下のとおりでした!

  1. 開封してもらえるタイトルにする
  2. 行間を一定にしない
  3. 見やすさを意識する

 

これからメルマガライティングを始める初心者さんでも実践できる内容ですので、ぜひメルマガを極めてみてください^^

【おまけ】今回引用したメルマガの全文はコチラ

今回サンプルで引用したメルマガの全文はコチラです。

何かのお役に立てれば光栄ですm(_ _)m

タイトル

「女の子と◯◯◯すればライティングもうまくなる!?」

 

どうも、
コピーライターのマルタです。

昨日女の子とデートしてきて、
デカイ牡蠣食べてきました。

http://maruta1.com/l/m/wqPaEFRVT7o3xy

このデカさ伝わりますかね?

予想外にデカくて
ビックリしました。。。笑

 

・・・ってそのぉ、
決してノロケではないんですが、、、

(いや、半分ノロケ・・・w

 

ただ、これは冗談でも
なんでもない話なんですが、、、

 

コピーライティングのスキルや
セールスレターの技術を
高める1つの方法に

 

「恋愛をする」

あるいは
「異性とデートする」

というのがあります。

 

これはマジです(`・ω・´)ゞ
大真面目です!!

 

※タイトルの
「〇〇◯」は「デート」ですよ。

過激な事を考えた男子よ、
正直に名乗り出なさい(* ̄▽ ̄*)

 

 

っとここからは真面目な話で、

あなたはこのような言葉を
聞いたことはあるでしょうか?

 

コピーライティングは
~~~~~~~~~~
たった1人へ向けたラブレターである
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これはかの有名・・・でも何でもない、
僕がよく言っている言葉なのですが笑

 

コピーライティングって

たった1人による
たった1人に向けた、
たった1人の為の文章なのです。

 

ほら、よく
「ターゲットは絞れ!!」

とか聞きますよね?

あれと同じです。

 

 

ターゲットとなる
たった1人を想像することって
大切なんですね。

 

確かに、想像することは大事です。
大事ですよ!

 

でも、
想像するぐらいなら、

 

ターゲットが実際に目の前に
存在するほうが良くない!?

って思うのですよ。

 

もちろん、
友達でもいいですが、

 

しかし、

1番繊細に気を使う相手が
「好きな人」になんですよね。

 

「こんなこと言ったら、
どう思われるかな!?」

 

「嫌われるかな・・・」

 

「余計な一言は言ってないかな・・・?」

 

「こ、こんなこと、、、
怖くて言えないよーーーー!」

 

 

ウギャァァァッ・・・!!(断末魔

 

 

 

 

はい!

この思考、セールスコピーを
書くときと全く同じです(* ̄▽ ̄*)笑

 

セールスコピーを書く時、
ターゲットが決まれば、

 

何を言って、何を言わないべきか?

どういう言葉、単語を使えば
相手にしっかり思いが届くだろうか?

この言葉はターゲットに嫌われる
ワードではないだろうか?
どうだろうか・・・?

 

セールスコピーを書く時の
コピーライターの思考プロセスは

好きな人に向けて気持ちを伝える前の
悶々としている男子と同じなのです笑

 

 

恋愛とセールスコピーは同じ。

なんてステキ!!・・・(゜∀゜)

 

ターゲットを大切に、徹底的に
思いやれば思いやるほど

洗練されたコピーが出来上がり、
成約に結びつきます。

 

 

ですから、

 

女の子とデート、恋愛して、

「相手に何をどう言うか?」

真剣にドキドキしながら
考え抜きながらデートしてみてください。

 

ライティングにおける
リサーチやヒアリングの能力が
バカみたいに向上して、
良いコピーが書けるようになります笑

 

 

ただ!

1つ勘違いしないでほしいのは、

 

ライティングスキルの向上のために
わざわざ女の子とデートしろ!と
言っているわけではないということです笑

あくまで本気のデートや
本気の恋愛を楽しんでください。

 

その上で、ライティングの事を
頭の片隅ぐらいに置いておけばおkです。

 

ということで、
明後日も神社にデートしてきますw

 

ではではー!

 

 

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    コピーライティングの基礎をはじめからていねいに

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です