僕がコピーライティングこそ最強だと思う理由

The following two tabs change content below.

丸田

セールスコピーライター
高単価サービス販売が得意

2015年に大学を中退し、そのままセールスコピーライターへ。

LP・メルマガ・販売ページの執筆のほか、
収益の仕組み構築アドバイスやライティング指導も実施。

詳しいプロフィール

どうも、コピーライターの丸田です。

今回はコピーライティング最強説について語りたいと思います。

思いつきの記事なので、構成はまとまってないですが(笑)
いろいろ思うことを書いていきたいと思います。

 

情報発信において、必ず文章の質を高めるコピーライティングが一番優れていると僕は思っているのですね。

なぜなら、「生産性が高い」からです。

 

そもそも「生産性が高い」ってどういうことかというと、

成果/投入資源

つまり、結果を出すためにどれだけの資源(時間やお金)を投じたかだと思うのです。

例えば、

「月収100万円を稼ぐために、1日10時間を1ヶ月間頑張りました」よりも、

「月収100万円を稼ぐために、1周間で3時間を半月頑張りました」のほうが作業効率、すなわち生産性が良いわけです。

同じ成果物でも投じている時間やお金が後者の方が少ないので割り算の数値は大きくなるわけですからね。

 

特に、この記事もそうですが、
コンテンツの大半は「文章」で情報発信をしているわけですし、

受け取りても、文章を通じて情報を受け取っているわけです。

 

 

ですから、ライティングスキルを高めて、
良い文章コンテンツを創り出せることが出来れば、

生産性は超絶高いわけです。

 

情報収集での生産性とは、知りたい情報を手に入れるために、
どれぐらいの時間と労力とお金が必要かということになります。

生産性の「成果/投入資源」で考える場合、

「成果=自分が欲しい情報」ですよね。

そのために「投じる時間=コンテンツを進める時間」なわけです。

 

文章での情報収集においての一番の強みは、

記事を読み進める時間を自分でコントロールできるところです。

すなわち、記事を読むスピードを上げ続ければ、
どこまでも生産性を高めることが出来るのです。

 

逆に、動画や音声コンテンツにおいては、
スピードを自由に変えることがしにくいため、

どうしても、生産性においてはライティングに軍配は上がると僕は思うのです。

 

インターネットやリアルにおいても、
コピーライティングで文章の構成や伝わる言葉、思考を磨くことは非常に重要なことです。

人が言葉を使う限り、ライティングに終わりはないですからね。

 

自分に気持ちを伝えるってすごく重要だなと、
そのためにもコピーライティングを学ぶことをオススメします。

【注目!】コピーライティングのテンプレートプレゼント中!


  • ランディングページを作ったのに売上が伸びない
  • コピーライティングが苦手
  • ノウハウを学んでも書けない


  • そのような不安や悩みを解決するためのコピーライティング3つのテンプレートをプレゼント中です。


    興味がある方はぜひ下のボタンを押してご確認ください↓


    今日からマネして売れる文章がスラスラ書ける!コピーライティング3つのテンプレートプレゼント!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUT US
    丸田
    セールスコピーライター
    高単価サービス販売が得意

    2015年に大学を中退し、そのままセールスコピーライターへ。

    LP・メルマガ・販売ページの執筆のほか、
    収益の仕組み構築アドバイスやライティング指導も実施。

    詳しいプロフィール