プロフィール

 

丸田 写真
福岡の某ラジオ曲にて

丸田の活動と実績

はじめまして、丸田和明(まるたかずき)と申します。

集客・売上を増やすコピーライターとして活動しています。

 

具体的には、

  • ランディングページ制作
  • セールスレター執筆
  • メルマガライティング
  • フェイスブック広告運用・分析
  • Webセールスの仕組み構築

のお手伝いを行っております。

 

実績としては、

  • セラピストセミナー動員のみで81万円の売上
  • 個人のLINEのみで初プロモーション1週間以内で297,600円の売上達成
  • Facebook広告で1リスト単価878円達成(通常1リスト平均3,000円)
  • 2021年に開催したコピーライティングのオンラインセミナーに累計300名以上が参加!
  • メルマガライティングを担当したプロモーションが売上2億円を達成。
  • 30万円の高額サービスの最高成約率67%達成

 

これまでに関わったジャンルは、

出張買取、物販、ファッション、仮想通貨、占い、フィットネス、パーソナルトレーニング、オンラインスクール、英語コミュニティ、即興コミュニケーション講座、SNS活用セミナー、BBQ、カフェイベント、スイーツのレシピ販売など多岐にわたります。

 

その他、

福岡の専門学校から依頼いただき、延べ200名以上の生徒にWebマーケティングや広告、動画の授業も行っております。

(2022年で4年目を迎えました)

 

趣味は映画、読書、数学、遊戯王。

住みやすさに定評のある福岡県に住んでおります。

丸田ってどんな人間?

なぜ僕がコピーライターになったのか?

ザックリと僕がどんな人間なのか?についてご紹介していきます。

カードゲーム作りに勤しむ小学生時代

小学生の時、クラスでは遊戯王というカードゲームが流行ってました。

ですが、当時はお金がないのでレアカード当てた奴がゲームを制するみたいなところがあったんですよね。

 

いわゆる運ゲー。

それに飽きてた僕は、遊戯王カードを自分で作ってました。

↑こんな感じで作れます。

ただ普通にかっこいいドラゴンやイケメンを作成しても面白くない。

どうせなら、「クラスでウケるカード作ろう!」と考えました。

丸田
夏休み1ヵ月を費やして40枚作りました。

 

「何が面白いかな~?」と考え、クラス内の流行をリサーチしていると、とある人気コンテンツを発見。

 

それは、、、

「小野妹子(おののいもこ)」でした笑

どうやら「名前が女っぽいのに普通にオッサンやんw」という理由でウケてたようです‥‥笑

丸田
子供ってなんて正直で残酷…。

 

そこで「小野妹子で決まりだぁ!」と確信し、「小野妹子」と「遊戯王」を組み合わせて、小野妹子をテーマとしたカードを作りました。

 

結果、大ウケ。

当時は、クラスでかなり話題になりました笑

 

今でも地元の集まりで小野妹子が話題にあがります。

「日本で一番小野妹子が有名な街ランキング」で僕の地元がぶっちぎり一位の自信があります。

 

ちなみに、こちらが証拠です。

幼馴染の結婚式で頂いたメッセージカード。ガッツリ妹子の名前がありました笑

 

こんな感じでカードゲームに明け暮れた小学生時代でした。

 

PS.

ちなみに、最近「遊戯王」のオンラインゲームが登場したのですが、最高ランクに到達しました。

マスターデュエル 最高ランク

大学では天文部の部長になり集客に力を入れる、も内部分裂

大学1年生の頃、彼女がいなくて性欲を持て余していた僕は、女子が一番集まってそうな「天文部」へ入部しました。

 

ところがどっこい!

なんということでしょう!
女子が少ないどころか、そもそも人数が少ないではありませんか!!

これは緊急事態!!

星空を眺めるという名目でいろんなことが出来そうなサークルなのに、女子が少ないのは絶対にオカシイ!

 

なぜだ、なぜだ、なぜだ、なぜだ!

そう心の中で叫びあげた僕は、「なぜ天文部にも関わらず人数(女子)が少ないのか」を徹底的に分析しました。

 

その結果、出た原因は以下の3つでした。

  1. 部への勧誘が非論理的
  2. 「星を見て楽しむ」ではなく、「星の知識を身につける」というマニアック路線だった
  3. 運営側の役割分担ができていない

 

なので、大学3年時に自分は部長になり、上記の3つの原因の解決に努めました。

  1. クチコミを狙った効率的なビラ配り(主に女子メイン)
  2. とにかく「楽しそう!」と思わせる。(星はあくまで手段に過ぎない)
  3. 運営側の役割分担をキッチリする→結果、僕の仕事はほぼゼロにw

 

その結果、

新入生の数は大学の大講義室(約120名が座れる大きな講義室)が満席になるほどでした。

集客に成功し、イキッてる大学3年の時の丸田

徐々に人数が増えていき、やがて天文部は大きくなりました。

 

しかし、人数が増えるとその分トラブルも多くなりました。

  • 方針を大きく変えてバッシングを食らう
  • 部長のサボりすぎ疑惑
  • カップル同士の揉め事

 

など、ありましたが、その中でも一番は天文部から麻雀部が独立する事件でした。

 

ザックリ言えば、天文部のメンバーの中で麻雀好きな人間が集まって、ごっそり天文部から抜け、新しい麻雀部を設立するという出来事でした。

 

例えるなら、

一部メンバーが反旗をひるがえして独立し、ベンチャー企業つくるみたいな感じですかねw

 

とまぁ、色々ありましたが良い感じに任期を終えることができました。

↑大学を辞める時に部員からもらった色紙。今でも宝物です。

この経験を通して僕は、本格的にマーケティングやビジネス・起業に興味を持ちました。

そして、あろうことか周囲の反対を押し切って大学を辞め、起業を目指します。

丸田
僕の人生のシーズン2がスタートです!

そして、序盤で大ゴケしますw

「教育事業で起業する!」と決意した男の末路…

大学を辞めた僕は、「教育事業で起業する!」と決意しました。

 

なぜ教育なのか?

理由は「学校の教育システムはおかしい!」というよくあるやつ。

丸田
今考えてみれば、大学を卒業できなかった自分への言い訳ですよねw

 

そこでコンサルタントとして活動したり、大学受験向けのコンテンツを作ろうとしたのですが、売上ゼロ…。

惨敗でした。

 

 

とある人から言われました。

「学歴も中退、社会経験もゼロの人間から何か学びたいと思うのか?」

 

それを言われて、「確かに!」と納得。

すごく当たり前のことに気づけてませんでした。

丸田
アホすぎだw

 

その結果、他にも同様で信頼性の高いサービスをやっている企業はたくさんいる。

教育事業は自分には無理だから、もっと手堅く稼げる方法を探そう!と決めるのでした。

セールスコピーライターへ

とにかく資金がかからずに稼げるビジネスを探した結果、セールスコピーライターという仕事を始めました。

セールスコピーライターとは、一言でいえば売上を伸ばす文章を書く仕事で、今僕がやっていることと同じです。

使うのは文章のみ。ワードを使えば一切費用はかかりません。

それでいて、Webページを作れば報酬もらえるし、成果報酬としてもお金が入るセールスコピーライターの生き方に魅力を感じました。

 

セールスコピーを学び始めて、4ヵ月ほどで10万、翌月に30万円、そして50万円と高額受注ができるようになり、ようやく個人事業主として稼げるようになってきました。

 

ご縁にも恵まれ、徐々に案件の規模が大きくなり、

セールスレターを書くだけでなく、プロモーション制作の一環でメルマガライティングやランディングページの制作、広告運用。

さらにはビジネスの設計やマーケティングに携わるようになりました。

これが俺の生きる道だ!
これからはセールスコピーライターとして生きていくんだ!

 

そう確信しました。

コンサルティングスタート

セールスコピーライターとして活動していると、いつしか副業・起業したい人からの相談が来るようになりました。

「どうやったら売上が伸びるのか?」

「どうやって売れる文章が書けるようになるのか?」

 

そのお問い合わせをいただけるようになったので、文章を書くだけでなく、教えることも始めます。

いわゆる、コンサルティングです。

 

大学当初、教育をやりたいと思っていた願いが、ここで少しずつ叶っていく実感を覚えました。

このコンサルティング活動がとにかく楽しくて仕方がないです。

 

集客・売上アップの貢献だけでなく、そもそも人生レベルでお付き合いできるのがとても魅力的だなと感じてます。

 

中には僕のコンサルティングでうつ病が治ったという人も。

 

いつしかセールスコピーライターをやりながら、売上アップ方法を教える側にもなりました。

専門学校からの講師依頼

さらに不思議なご縁をいただいて、専門学校からの講師依頼が来ました。

丸田
ついに、本格的に教育デビューです

専門はIT関連。

具体的には、マーケティングや動画活用、SNSなど。

 

2019年から生徒の前で講師業をスタートし、今も活動しています。

 

「大学を中退している自分だからこそ、伝えられる何かがあるはずだ!」と思い、普通の先生がやらない授業内容を意識して授業を行いました。

 

その結果、2019年は4校行っていたうちの1校はクビにw

 

ですが、おかげさまで生徒からは

「面白い!」

「先生の授業好きです!」

「生徒みたいw」

と好評をいただけました。

 

そして現在は、セールスコピーライターとコンサルティング、専門学校講師の活動しております。

あなたの価値が最大に伝わるコピーを。

と、これまで僕がどうやってコピーライターになったかの経緯を語ってきましたが、実はもう一つコピーライターを目指した理由があります。

それは、「売り込みをしたくない」という理由です。

何とも情けない理由ではありますが汗

売り込みは死ぬほど嫌いなんですよね。

 

ビジネスにおいてセールスが必須です。

ですが、ゴリゴリ押し売るのは超苦手です。

 

だからこそ、そうならないためにコピーライティングでは、商品を売り込みのではなく、「価値が伝わる」コピー制作を意識しています。

 

結果、売り込みをしなくてもサービスが売れるようになりました。

 

このサイトでは、集客・販売するためのコピーライティング術を配信しています。

ぜひこの機会にご活用ください。