一貫性を活用したセールステクニックの事例をご紹介!

一貫性
The following two tabs change content below.
マルタ

マルタ

福岡在住。国立大を中退。2016年からセールスライターへ。
「何となく」ではなく、ロジカルに売れる仕組みを構築する専門家。
専門学校にて生徒200人にWebマーケティング授業を展開中。
趣味は映画、アニメ、読書、数学、仮説を立ててひたすら検証。 超マニアックでアカデミックな研究者体質。ジンジャエール作りにハマってます。
お金を生み出す文章10個の添削ポイント無料プレゼント中

どうも、セールスコピーライターのマルタです。

この記事では、ビジネスにおいて非常に大切な「一貫性」を活用したセールステクニックについて解説していきたいと思います。

突然ですが、クイズです!

本題に入る前に、クイズです。

 

1人の男性がとあるカフェにて、チョコレートにホイップクリームの付いたアイスが食べたくなり店員に注文しました。

「チョコレートにホイップクリームが付いたアイスをください」と注文したところ、請求が750円でした。

 

別の日に、「チョコレートアイスを1つ。あ、ホイップクリームも付けてください」と注文したところ、請求が500円でした。

 

ちなみに、届けられたアイスはどちらも全く同じモノ。

 

さぁ、一体なぜでしょうか?

 

・・・

 

考えましたか?笑

 

先ほどのトリックのタネ明かしをすると、

「チョコレートにホイップクリームが付いたアイスをください」と注文した結果、

 

メニューにもともとある「チョコホイップアイス:750円」がオーダーとして通るから、請求が750円となります。

 

一方「チョコレートアイスを1つ。

あ、ホイップクリームも付けてください」と注文したところ、

元々メニューに存在する「チョコレートアイス:500円」にホイップクリームをおまけとして添えて500円の請求で済んだ、という話です。

 

実はこれ、人の「一貫性」の心理によって起こりうる事なのです。

人は一度決めたことに関しては、一貫して貫き通したいという意思が働くのですね。

今回のケースで言えば、
最初に「チョコレートアイス」とオーダーを受けた後に、ホイップクリームを追加しても、店員は一度承った「チョコレートアイス」のオーダーを変更しない。

こういうカラクリなのです。

 

これは、世界的なマーケッタージョセフ・シュガーマンが実際に経験した話だそうです。

※価格表記を円にしてます。

 

今の時代はこのようなことが起こるのは想像しにくいですが、実は一貫性の心理は日常の人の行動に大きく影響を与えています。

例えば、

テレビを一度見始めると、終わるまで見なければならない気持ちになったり、
一度決意をしてしまうと、途中で変えるのは良くないと考えてしまったりなど。

ですが、この一貫性をうまく活用すれば、ビジネスシーンで大きく役立ちます。

▼参考書籍

一貫性を活用したクロスセルとバックエンドセールス

あなたはこのような経験はありませんか?

車を購入した時、「足回りのコーディングもしておきましょうか?」

「フロアマットもおつけしたほうが良いでしょうか?」

 

そして、購入して半年後には「タイヤの交換や点検はいかがですか?」みたいに、一度商品を買ったら、後からセールスされる。

 

実はこれはマーケティング用語で「クロスセル」や「バックエンド」と言われていますが、商品を1つ売った後に、追加で勧めることで成約率が上がる、というわけです。

 

なぜなら、一度「購入する」と決定した意思を変えたくないからです。

 

つまりは一貫性です。

 

逆に、いきなり「車とコーディングとフロアマットどうですか?」と言われると、うーん、ってなる可能性があります。

 

それよりは、

「車どうですか?」
→「コーディングどうですか?」

→「フロアマットどうですか?」

と、
売り込みをする順番が非常に大切なのです。

 

ファストフード店も同様です。

ハンバーガーを頼んだら、

「追加でポテトもどうですか?」
「オニオンリングはどうですか?」
「ナゲットはいりませんか?」

と言われたりしますよね。

 

そして、料金精算後、

「良ければLINEでお友達登録して頂けたら次回から使える30%割引クーポンを発行しています」

この順番が非常に大切なのです。

これぞ、一貫性を利用した完璧なるセールスです。

 

商品を売った直後に、追加で別の商品を売ること。

ハンバーガーの例で例えると、クロスセルは、ポテトやオニオンリング、ナゲット

 

商品を売った後(別日)に追加で商品を売ること。

ハンバーガーの例で例えると、バックエンドは「LINEクーポンによるリピート」

【注目!】コピーライティングで稼ぎたいなら・・・


もし今コピーライティングの教材を探しているのであればちょっと待ってください!

  • コピーライティングで具体的にどうやって稼げばいいのかわからない
  • ライティングスキルが上達している気がしない
  • このままでちゃんと結果が出るのか不安

  • そのような悩みや不安を解消するためのコピーライティング活用講座へのご案内です。


    どうして世の中には稼げるライターと稼げないライターが存在するのか?
    その秘密を知らないとあなたはお金に、時間に、多大なる損をすることになります。



    これから先10年、20年後もコピーライティングを駆使して賢く自由に生きていきたい
    そんなあなたにぜひ参加して欲しいオススメの講座です。


    お金を生み出す文章10個の添削ポイント

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    The following two tabs change content below.
    マルタ

    マルタ

    福岡在住。国立大を中退。2016年からセールスライターへ。
    「何となく」ではなく、ロジカルに売れる仕組みを構築する専門家。
    専門学校にて生徒200人にWebマーケティング授業を展開中。
    趣味は映画、アニメ、読書、数学、仮説を立ててひたすら検証。 超マニアックでアカデミックな研究者体質。ジンジャエール作りにハマってます。
    お金を生み出す文章10個の添削ポイント無料プレゼント中

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    マルタ

    福岡在住。国立大を中退。2016年からセールスライターへ。
    「何となく」ではなく、ロジカルに売れる仕組みを構築する専門家。
    専門学校にて生徒200人にWebマーケティング授業を展開中。
    趣味は映画、アニメ、読書、数学、仮説を立ててひたすら検証。 超マニアックでアカデミックな研究者体質。ジンジャエール作りにハマってます。
    お金を生み出す文章10個の添削ポイント無料プレゼント中