レジ袋有料化によって学んだWebセールスの大事なこと

アイデア
The following two tabs change content below.

丸田

セールスコピーライター
高単価サービス販売が得意

2015年に大学を中退し、そのままセールスコピーライターへ。

LP・メルマガ・販売ページの執筆のほか、
収益の仕組み構築アドバイスやライティング指導も実施。

詳しいプロフィール

どうも、丸田です。

 

7月からレジ袋が有料になりましたよね。

その結果、スーパーやコンビニで買い物をする時、このようなやり取りが増えました。

店員
レジ袋はいりますか?
丸田
お願いします
店員
小サイズと大サイズ、どっちが良いですか?
丸田
入れば何でもいいです
店員
小サイズはLL、大サイズは3Lです。
丸田
・・・???まぁ、入れば何でもいいですけど、、、まぁ、とりあえず小で。

みたいな。

 

内心、

丸田
う、うーむ、僕が欲しいのは袋ではなく、あくまで袋によってもたらされる利便性なんだよな~(^^;)

 

なんて毎回思っているのですが、ふと、「これって商品セールスでも同じこと言えるよな」と感じました。

お客さんが求めているのは、悩みが解決された未来である

今回のレジ袋の件に限らず、そもそも人が求めているものは、「悩みが解決された未来」なんですよね。

マーケティング用語では、「ベネフィット」というわけですが、商品そのものを欲しい人はほぼいません。

※マニアやコレクターは除く。

 

今回のレジ袋の話なら、僕が欲しいのはあくまで「買ったものを袋に入れて、持ち帰るのが楽になること」であり、「袋そのもの」が欲しいわけではありません。

 

これは世の中のすべてのビジネスにおいても当てはまります。

商品は手段でしかない

逆に言うと、商品はあくまで手段でしかありません。

世のうまくいかないビジネスの9割が商品そのものを売ってしまっている傾向にあります。

例えば、最近はジムやトレーニングが流行っていますよね。

 

その際、

「うちのジムはなんと、ランニングマシーンを20台!

おもりの重量も他店のジムよりも1ランク上をそろえております!さらには、シャワー室も完備!」

という、ジムの機能そのものをウリにしてはいけないわけです。

人が欲しいのはあくまで、病気をせず、自分の体に適した体型と健康です。

ジムやトレーニング自体は、あくまで手段に過ぎません。

 

極論言えば、

痩せて健康的になるためなら、別にジムでなくてもいいわけです。

手段は何でもいいわけですよ。

筋肉に振動を送るだけで腹筋が割れるなら、それで良いわけです。

 

商品はあくまで結果を手に入れるための手段に過ぎない、ということはとても大切なのですね。

まとめ~商品を売るな、未来を売れ!~

「商品を売るな、未来を売れ」

今回の内容をまとめるなら、この一言に尽きます。

店員さんとのやり取りでふと思ったので、筆をとってみました。

 

商品セールスにおいて「未来を売る」ことがとても大切です。

ぜひおさえておいてくださいね。

PS.商品は質が良いのが前提です。

ただし!

商品ではなく未来を売るべき、と説明しましたが、

これはあくまで、「商品の質が良い」ことが前提の話です。

 

けっして、粗悪な商品は売ってはなりませんし、商品そのものの質が低いのであれば、そもそも何やっても売れないので注意が必要です。

【注目!】コピーライティングのテンプレートプレゼント中!


  • ランディングページを作ったのに売上が伸びない
  • コピーライティングが苦手
  • ノウハウを学んでも書けない


  • そのような不安や悩みを解決するためのコピーライティング3つのテンプレートをプレゼント中です。


    興味がある方はぜひ下のボタンを押してご確認ください↓


    今日からマネして売れる文章がスラスラ書ける!コピーライティング3つのテンプレートプレゼント!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUT US
    丸田
    セールスコピーライター
    高単価サービス販売が得意

    2015年に大学を中退し、そのままセールスコピーライターへ。

    LP・メルマガ・販売ページの執筆のほか、
    収益の仕組み構築アドバイスやライティング指導も実施。

    詳しいプロフィール